HOME>ホットトピックス>建物を人に貸すという投資が人気化しているワケ

支援してもらえるから

以前から環境の整っている多摩市は、住宅地として人気があるその立地がウリですが、ハイグレードな立地では、いわゆるビンテージマンションなどが特に人気化しています。居住快適性や意匠にこだわった設計がされていたり、中古でも建物や居住者の同質性が保たれているといいます。こうしたことからも、住まい(建物)はあるものの、現金収入が少ない高齢者向けにサービスが提供されており、それも評判です。移住・住みかえ支援機構の制度で、子供の独立や退職をよい節目や機会として、別な場所で暮らしたいと考える人向けのサービスです。生涯にわたって家賃収入が見込めることも不動産の人気を高めさせています。

空き家の保証

マイホーム借り上げ制度は、一般の賃貸より賃料は低めであるものの、多摩市の不動産投資ビギナーとなる50歳以上の方々や、資産を目減りさせたくない高齢者から人気です。空き家になっても最低保証賃料が支払われるから、なおさら人気化しているのでしょう。もちろん、中途解約もできますし、思った通りに売れないことを考えれば利に適っているようです。

循環されている

多摩市郊外となるベッドタウンでは、不動産の扱いについてマイホーム借り上げ制度が評価されています。賃貸は家賃滞納にまつわるトラブルがあるから不人気であり、人気は安心が得られることにあるようです。不動産だから子供に相続ができ、借りたい人は自ら一定の改修ができ、良質な借家の循環が魅力だと話しています。